江戸時代の海浜に対する自然観より捉えた海浜植物および松林の保全管理方策の検討

                        研究担当 研究員 押田 佳子


ウォーターフロントにおける土地区画整理事業の整備手法に関する研究

                          研究担当 D4 大越 正之


景観法に基づく景観計画の評価に関する研究

                          研究担当 M2 加瀬 靖子


都市における公共空間の利用方策に関する研究

                          研究担当 M2 花野 修平


ウォーターフロントにおける景勝地の空間構成と海景に関する研究

                          研究担当 M1 照沼 博康


臨港地区における法制度の変容に関する研究
東京のウォーターフロントにおける余暇文化の変遷に関する研究

                          研究担当 M1 松本真奈美


横内・岡田研究室
2006年度 研究紹介